5秒後にジャンプします。
ジャンプしない場合は、下記のURLをクリックしてください。

http://game-sentou.com ゲーム関連コンテンツ : 旧・ゲーム銭湯。

    ゲーム関連コンテンツ

    どうも皆さん、FFではザックスが好きなあた坊です。


    今回おススメしたいのは、現在放送中のドラマ
    「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」!

    top

    私は普段、なかなかドラマを見ないんですが、ネットフリックスを弄っていたら偶然見つけてびっくり。
    FF14のドラマ!?しかも光のお父さんってなんだ笑

    ファイナルファンタジー14といえば現在とても人気のあるFFのMMORPG(オンラインRPG)ですが、最初はてっきりゲームの世界をそのままドラマにしたのかと思ってました。


    FF14で親孝行!?現実あるあるでかなり面白い

    C7SzKyzVAAIHMnT-thumbnail2

    普通の日本の家庭の、普通のサラリーマン親子が、FF14をプレイするという一風変わったドラマ。

    頑固で何年も口をきいていなかった父が、突然会社を辞めてしまう。
    そんな父のために主人公の光生(あきお)は、PS4とFF14をプレゼントし、父には正体を隠しながら、一緒に冒険していく、というストーリーです。


    お父さんはゲームをほとんどプレイしたことがない初心者で、それがリアリティ満点なんです。
    光生とお父さんの会話が、現実っぽくて、なんか笑ってしまう。

    光生もお父さんもかわいいんですよね。

    ほっこりします...


    現実とゲーム、二つの世界

    ドラマのなかでは、実際のゲーム画面が頻繁に登場します。キャラをゲーム内で動かしている本物の映像をつかって、ドラマに仕立て上げているのは新鮮です。
    YOUTUBEとかで、GTAやマイクラを使ってドラマを作っているものがありますが、それを公式がやっているわけですから、クオリティも高い笑

    718397

    ↑の画像の左の女の子キャラが光生だとは全く知らずに、一緒に冒険していく右のお父さん。現実とゲーム内の二つの世界が実に面白い!

    ゲーム内のキャラクターは声優さんが声を当てていて、プレイヤーのチャットの内容をキャラクターが実際にしゃべるんです!
    ちなみにお父さんのキャラはお父さん本人の声です笑



    マイディーがかわいい!

    20170509033218720

    主人公の光生のアバターの女の子「マイディー」がとっても魅力的!
    色んな表情を見せてくれるので飽きません。

    なんと声優はあの南條愛乃さん!ナンジョルノ!
    FF14大好き芸人であり、ラジオのパーソナリティも務めていた彼女は納得の人選。どおりで魅力的なわけだ(o^∇^o)



    ゲーム愛・FF14愛の詰まった家族愛ドラマ!

    こういう作品って、ターゲットがあいまいで中途半端なものが多いと勝手に思っていたんですが、杞憂でした。
    しっかりと愛を込めて制作されていて、FF14の新たなファン層の開拓もかなり期待出来ると思います。
    私もやりたくなりましたし(βしかやってない)

    昔ゲームが好きだった、特にFFが大好きだったお父さんなんかは、家族で見たい作品なんじゃないかなと思いますね。


    MBSとTBSで放送後、ネットフリックスでも配信されています!

    まだ序盤ですが、ゲームを題材にしたドラマの成功例といってもいいのではないでしょうか。

    続きが楽しみです!




    公式ホームページ


    どうも、最近イカフライにハマったシュウです!


    今回ご紹介するのはゲームではなくドラマとなります。
    そのドラマはこちら、 「ノーコン・キッド〜ぼくらのゲーム史〜」


     01


    このドラマ、上手い具合にゲームを絡めてドラマしちゃってます!!
    ですので、ゲーム好きな人もそうでない人も 楽しめるようになっています。


    ■あらすじ
    1983年、15歳の渡辺礼治は父・雅史が営むゲームセンターで店番をしていた。同級生の木戸は店の常連で、壁に張られた各ゲームの1位は木戸のゲーム名「KID」で占められていた。一方ゲームにはあまり興味のない礼治だったが、美少女・高野がゲームをする姿に一目惚れしゲームに手を伸ばす。その後高野に「KID」のことを尋ねられた礼治は、つい自分が「KID」だと嘘をついてしまう。


    ■登場人物

    ・渡辺礼治(田中圭)
    この物語の主人公。「ゲーセンワタナベ」の息子。
    同級生の木戸や高野と出会いゲームの面白さに目覚める。
    高野に一目惚れをして、自らを「KID」と名乗ってしまう。

    4
     

    ・木戸明信(浜野謙太)
    主人公の礼治と高野の親友。THE・「オタク」。
    「ゲーセンワタナベ」の上位ランカーの「KID」は彼の事だ。
     
    003


    ・高野文美(波瑠)
    この物語のヒロイン。 「ゲーセンワタナベ」に突如現れ、その後常連に。
    ミステリアスな雰囲気の美少女。ゲームの腕前はかなりのもので、
    ゲーム名は「YMO」。 

    002


    ・渡辺雅史(佐藤二朗)
    「ゲーセンワタナベ」の店長であり、礼治の父。
    山師な性格で、流行によって店を変えた結果駄菓子屋からゲーセン。
    公式サイト曰く愛すべきダメなゲーセン親父。

    1045341_650



    ■話の時系列に合わせて毎回登場する実在のゲーム達

    このドラマの素晴らしい所は、登場するゲームは全て実在の物。
    そしてしっかりと話の時系列に合わせてゲームも変化していきます。

    1983年「ゼビウス」
    礼治、木戸、高野が巡り会うきっかけになったゲームです。

    f0228680_16245697


     
    1987年「ドラゴンクエストⅡ」
    受験勉強真っ最中の礼治、木戸が勉強を放り投げる程プレイしたかった作品。
    発売日が1/26と当時のゲーマー受験生にとっては最大の壁とも言えたでしょうね…(笑)

    61oQC-0x3rL
     

     
     
    1990年「スーパーマリオワールド」
    ファッション雑誌の編集者になった高野だったが、オリジナリティがなく悩んでいた。
    木戸の発言がキッカケになった提案でゲームとのコラボ企画が採用され他のだが、
    イベント当日にスーパーファミコンが何者かに隠されてしまう回に出てきました。

    smw1



    などなどこの先のゲームも数多く登場します!
    服装もだんだん今風に変化していくので時代を感じましたね。

    特別ゲストで鉄拳の原田Pや、ドラクエの堀井雄二さん等も少しですが登場したりしてます。
    ゲーム好きな人もそうでない人にも是非見てほしい内容となっておりますので、気になった方は是非どうぞ!!

    Amazonプライムでも見放題なのでオススメですよ〜。
    それでは今日はこの辺で!



     

    どうも皆さん、あた坊です。

    今回は、ゲームが大好きな方に、とってもおススメの一冊を紹介したいと思います。


    2016年の5月に、当時お台場の日本科学未来館で開催されていたゲームの企画展、

    「GAME ON ゲームってなんでおもしろい?」
     

    を見に行ってきたんです。(めちゃめちゃ楽しかった!!)


    そこの売店で販売されていたのが、



    ゲームってなんでおもしろい?


     image

    ゲームの「面白いの歴史」をひも解く

    ゲームはなぜ面白いのか。

    そんなとってもシンプルな疑問について、ゲームクリエイターはもちろん、ライターやプロゲーマーなどなど、様々な形でゲーム業界に貢献されてきた方々が本気で考え、語り合っているとっても熱い一冊になっています。

    image
    ↑僕らの大好きな、ゲームセンターCXの管プロデューサーも出てます!

    大学の教授が科学的に分析している話も興味深い。

    プロゲーマーのウメハラ氏だったり、ドワンゴの川上氏、ゲームクリエイターと映画監督の対談なんかもあります。

    Twitter解析による近年のトレンドや、ゲーム業界の未来についての話も面白いですね。


    共通点は、みんなゲームが大好きなこと。


    様々な観点からひも解き、当たり前に思えることも実は深い意味を成していた、なんてことを知ったら、「ほぇ~」ってなりますよ笑


    全ての面白いには、ちゃんと理由があるんですね。


    小ネタも充実

    image
    ↑酒を片手にゲーマー仲間と語り合ったら最高...?

    ・歴史に残るビデオゲーム1000本

    ・わかりやすい写真付きの歴代家庭用ゲームハード年表

    ・人によって全く異なる、プレイしてきたゲームの履歴書

    などなど、小ネタもおもしろいので、たまに見たくなるんです。


    人によっては、懐かしかったり、古いゲームを知ることができたり...

    ゲームが好きな誰かと読むのも、最高に楽しいかもしれないですね。


    ゲーム以外にも活かせそう

    「ゲーム的思考」というものが近年注目されていますが、この本はそういう意味でも勉強になる一冊だと思います。

    「面白い」とはなにかを考えさせらるので、ゲーム以外でもいろいろな分野に参考になりそうですね。


    ビジネスにも役立つ!!(って帯に書いてあります)


    楽しめて、勉強にもなる。

    とりあえず、ゲームの歴史が大好きな自分にはどストライクな本でした笑





     

    どうも、シュウです。

    本日、4月6日(木)1:35〜テレビ東京で『勇者ああああ』がスタートします!!
    main
     

    ゲーム番組が大好きな自分としては、こういったゲーム番組はどんどんやっていってほしいです!!

    地上波だと中々ないんですよね…(´;ω;`)


    ■4/6の放送内容

    ドランクドラゴン鈴木&アイアム野田参戦!
    ・4人全員で波動拳コマンドをノーミスで入力し続けろ!
    ・芸能界のにわかゲーマーアイドルをアルピーが風紀委員となって一斉摘発!
    ・ゲームネタを持ってる若手芸人公開オーディション
     

    との事です。自分は波動拳チャレンジとゲームネタがすごく楽しみです!!

    波動拳コマンドって苦手な人は本当に苦手だったりしますよね(笑) 


    との事ですので是非ハッシュタグつけて実況してあげてください。


     
    ↑0話と書いてありますが、番組に関する事等をPRする動画です。



    過去にやってた夜遊び三姉妹も毎週予約してたので、こちらも面白いといいな〜と思ってます! 

    このページのトップヘ