5秒後にジャンプします。
ジャンプしない場合は、下記のURLをクリックしてください。

http://game-sentou.com ゲームレビュー : 旧・ゲーム銭湯。

    ゲームレビュー

    どうも、シュウです。

    最近は鉄拳三昧な日々を送っています。
    というわけで6/1に発売された鉄拳シリーズ最新作「鉄拳7」のレビューです。
    134152030158d8db1d79c860028

    鉄拳7はアーケードで2015年2月18日に登場し、バージョンアップ版が2016年7月5日に。
    そして本作となる家庭用が、2017年6月1日にPS4、XBOne。6月2日にPC版で発売されました。

    鉄拳シリーズはかなり長く遊ばせてもらっているのでものすごく楽しみで半端なく楽しみでした。
    どれくらいかって言うと会いたくて震えるくらいです。

    早速レビュー行ってみましょう!


    良いところ

    ■シームレスで始まる戦闘
    20170524-tekken7-05

    ストーリーモード内のムービー中からロード画面無しで戦闘が始まる仕様。
    これがかなりイケてました(笑)

    過去作の鉄拳5の回想シーンがあり、鉄拳5のOPでのシームレス戦闘はかなりの興奮ものです。



    ■BGM良し、そして過去作のBGMも好きに設定可能
    712413

    このシステムはもう素晴らしいですね。
    過去作のBGMがほぼ全て収録されています。

    ただでさえ、鉄拳7のBGM自体がカッコいいものが多いのにこんな大サービス。
    自分は7のBGMも好きなのでまだ変えられていませんが、過去作にも良いBGMが多いので、
    BGMが好きな人はこれだけでも買いですね♪

    ちなみに7で好きなBGMは、「Heat Haze Shadow」です!
    とてもカッコいいですが、自分はどこか悲しくも聴こえます。


    ■三島家の謎が分かる!?ストーリーモード。
    maxresdefault (2)

    何故平八は、一八が幼き頃に崖から落としたのか?等の謎がわかるストーリーモード。
    ムービーも見てて楽しく、鉄拳ワールドに入るこむことが出来ます。

    おなじみのキャラはもちろん。クラウディオと言った新キャラも登場しより華やかに。

    個人的にはボリュームが足りなく感じたのと、この内容で豪鬼と一美本当に必要だったかってのが
    一番気になりました。まあそこは後ほど。


    悪いところ

    ■豪鬼の存在意義の無さ

    豪鬼「一美に恩義があるから平八と一八殺します。」
    って感じで出てくるだけで、その恩義の内容が一切分からないって言う謎が生まれました。

    正直豪鬼でなくてもよかったし、とりあえず出したいから出した感が半端ないです。
    ここで謎が生まれたのでまた次回作でも出てくるのでしょうか…?

    謎だらけです(笑)


    ■ストーリーモードのボリュームが少ない

    プレイして半日ほどで終わりました。
    そしてメインのストーリーに絡まないキャラクター達は個別のストーリーモードがあるのですが、
    その内容がかなり酷く、一枚絵のあらすじに一回のみの戦闘。そして短い個別ED。

    自分は練習用やコンボ練してるだけで楽しい人なのでいいのですが、
    ストーリークリアして少ししたらやめちゃうよって人にはあまりお勧めできないですね。
    (トロフィーは簡単なのでお勧めです^^;)


    ■スペシャルマッチが理不尽な難易度

    ED後に選択できる、対豪鬼のスペシャルマッチ。
    これがかなりの難易度でした。煮えたぎる事間違い無しの内容です。

    技の反動を受けないスーパーアーマー持ち多数。一瞬でEXゲージを何度も回復してきたりとめちゃくちゃな模様です。

    ツイッターでも煮えたぎっている人が何人かいたので難しいんですね^^;
    対一美も難しいと言う声を見かけましたが、自分は難なくクリアできました。

    まあ露骨に難しくなると「!?」の状態です(笑)

    まとめ

    ■格ゲーマーはいつも通りの満足。ライト層はボリューム不足。

    対戦がメインのゲームなので、しょうがないと言ったらしょうがないのかもしれませんね。
    ですが、過去作はもう少しボリュームがあったと思うのでもう少し何かしらあったらよかったなぁと思います。

    そしてパッチで修正されるだろうなと予想しているものは記載していないです。

    好きにカスタマイズして楽しめる人には持ってこいだと思います!
    自分は飛鳥とボブを好きにカスタマイズしてコンボと確反だけ打ってれば楽しめるので最高です(笑)


    どうかDLCで追加のストーリーをお願いします!


    と言うわけで今日はこの辺で!






    どうも皆さん、宇多田ヒカルが大好きなあた坊です。



    先日、都内某所にありますゲームセンターにて、

    VR GAME STAGE


    という、ゲームセンターでVRゲームを楽しめるゲームマシンを、シュウ氏と一緒に遊んできました!

    image


    タイトーから登場したこのマシン。

    ゲームセンターで流行りのVRが楽しめるということで、今年の3月28日に稼働開始していたらしいんですが、情弱な私たちは全く知らなかった...(;´Д`)



    大型設備がドーン!!

    image

    コーナーに向かうと、すぐに大きいマシンが私たちを迎えてくれました!
    第一印象は、「いくらぐらいするんだろう!?」「元取れるのかな...」

    1人が1つのステージで、4人が同時にプレイ可能。
    それぞれステージに立って、VRヘッドセットの「vive」を被って遊びます。


    まず券売機でプレイするゲームのチケットを購入します。

    image

    現在遊べるのは9つのゲーム。

    有名なIPものは乖離性ミリオンアーサーVRくらいで、あとはオリジナル?みたいです。
    シューティングやスポーツに音ゲーと、バラエティに富んでいていろいろと楽しめそう。

    image

    (ロッカー男子なるかなりやばそうなゲームが!今度一人でやりに来よう...)


    最大4人でVRを楽しめるというのが大きな売りだと思うのですが、現状4人で遊べるのは「神化」というゲーム一つのみでしたね。


    まあ今回はどっちみち2人しかいなかったので、それぞれゲームを一種類ずつ遊んでみました。



    圧倒的没入感!やっぱりVRスゲー!!

    シュウ氏は「電音騎士」という音ゲーをプレイ。
    楽しかったそうです!(雑ッ!)


    私あた坊は「クアンタム・ウォーカー」という、SFシューティングゲームを遊んでみました。(中国の開発会社みたいです)


    最初にムービーが入り、近未来の施設で爆発が起きて謎のモンスターたちによる襲撃を受けます。立ち位置はいまいちわかりませんが、主人公は次々と襲い掛かってくるモンスターを銃やソードで倒していきます。

    qw

    おおおおおおお!!!

    頭を動かしたときの感度が良く、没入感を高めます。
    自動で床のリフトが動いていくので、360°全方向から出てくる敵を狙い撃つのが楽しい!!
    product-vive-family-shot

    viveのコントローラ2本を両手に持ち、右手はマシンガンとランチャー、左手はソードと盾を切り替えながら戦っていきます。

    振り向いた方向の敵に銃を向けて撃ったり、左手の盾でガードしながらすきを窺ったりと、実際に身体を動かすのはやっぱり面白いですね!

    床がゲームに合わせて振動するのもリアリティが増してよかった。
    高いところに上がっていくのは結構怖いもんですね笑



    課題?として思ったこと

    いろんな道具はそろっていて、気軽に楽しめる本格VRとして入り口としては素晴らしいと思いました。

    が、個人的にいくつか思うことが...



    ■ゲーム自体の出来はそこまでよくない

    正直粗も多い。ゲーム自体の完成度はいまいちでした。
    マシンガンの照準がわかりにくかったり、ランチャーの爆発が光りすぎて画面が見えなかったり。

    あと、これはVR特有かもしれませんが、VRの一人称だと自分がダメージを受けてない感じが強いんです。
    あたりまえなんですが痛みを感じないので、やられてるのかやられていないのかがわからない。

    音や振動、演出などのUXの工夫がかなり大事になってくると思いましたね。

    逆に、日本や欧米の会社が投資して本気で作れば、ものすごいものが作れそうだという期待は持てました!(可能性は無限大...)



    ■他にお客さんがいない...

    稼働開始から2ヵ月、店員さん曰くかなりお客さんは減ってしまったようです。

    最初は物珍しさでやりに来ても、値段も600円程するし、わざわざ何度も遊ぶものではないんですね。そこまでの魅力は正直感じませんでした。

    ゲームのラインナップはこれから増えていくようなのでそれに期待ですが、現状かなり厳しそう(運営的な意味でも)



    ■敷居が高い・客層に合っていない

    個室の空間ならまだしも、完全に開けた場所で一人でVR被って腕を振り回すのは敷居が高い...

    逆に複数人できても、VRの特性上、人のプレイを見て楽しむということがほぼできない!
    VRの楽しさは被らないと全く伝わりません。
    人のプレイを見ていても楽しくないのは、ほかのアーケードゲームと全く異なるところですね。


    多人数でワイワイ盛り上がる若い層や、ゲームは普段そこまでやらないけど新しいもの好き、みたいな人たちに受けると思うんですが、なんせゲームセンターの中ですから、わざわざ行きづらいですよ。


    誰も遊んでないなんて本当にもったいない。



    まとめ

    やっぱりVRはすごい!
    普通ではできない体験、VRにしかないものがありますね。

    ネガティブなことをいろいろと書いてしまいましたが、実際に遊ばなければなにもわからないのがVR。


    一時騒がれたほど普及していないVRですが、今年の夏には新宿にVR ZONEなる施設がオープンするみたいですし、ここからどう盛り上がっていくのか楽しみです。



    まだ一つのゲームをプレイしただけなので、これからまたいろいろと遊んでみたいと思います!






    PlayStation VR PlayStation Camera同梱版
    ソニー・インタラクティブエンタテインメント
    2016-10-13


    どうも、鉄拳7発売でテンションがやばいシュウです。
    前の記事にもある通り、鉄拳シリーズは大好きなので鉄拳7はもちろん購入しました。

    logo_tekken7

    発売してまだ1日も経っていませんがこれから購入する人の為になればと書いていこうと思います。

    ※4時間ほどのプレイなので、今回は良い所のみです。

    良いところ

    ■初心者にも優しいストーリーモード

    前作は初心者でも格闘ゲームの基礎を覚えられるモードはありましたが、
    ブレイブルーやペルソナみたいにワンボタンで簡単にコンボを出せる様なシステムはなかったです。

    ですが今回、ワンボタンで複雑なコマンドの技が出せる様になりました。
    なので、純粋にストーリーを楽しみたい!って方にも優しくなりましたね。
    平八なんかワンボタン風神拳だけで敵を倒せますし…!

    ■シリーズファン歓喜の内容が盛り沢山

    自分もストーリーモードを1時間程やっていたのですが、ずっとニヤニヤしてます。
    過去作のムービー、音楽が全て収録されており好きな曲を、
    キャラ選択画面や好きなステージに設定出来るのでとてもプレイしていて懐かしく楽しいです。

    過去の衣装などもカスタマイズで装着出来たりもしました(^-^)/


    ■PS3のアケコンが使用可能

    これはかなり大きいと思います。
    PS3のRAPV3SAを使用しており、体感ですがラグはあまり感じませんでした。
    過去に購入したものが無駄にならないってすごくいいですね(笑)

    ただ物によっては、ボタン設定がめちゃくちゃになるものもありますが、
    それはボタン設定で変更可能なのでご安心を!!

    ■ロード時間が短い

    発売前に不安の声が上がっていたロード時間。
    PROではない普通のPS4でプレイしていましたがロード時間も短く、スムーズに対戦できました。

    インストール中は少し遅いなぁと感じたりもしましたが、インストール完了後は特に気になる事もなく、
    プレイ出来ると思います。

    まとめ

    毎回プレイしていて楽しい鉄拳が遂に発売されました。とても嬉しいです。
    ゲーセンでプレイしていたゲームが家で出来るってお得感が半端じゃないですね(笑)

    今回は良いと感じた部分をお伝えする為に書きました。
    しっかりとしたレビューはしばらくしたら出す予定でいるのでお待ち頂けたらと思います!

    どうか多くの方とこのゲームが出来ます様に…!!!


    鉄拳7
    バンダイナムコエンターテインメント
    2017-06-01









    どうも皆さん、あた坊です。


    今回は私の思い出の作品、
    ブレス オブ ファイアIII
    をご紹介したいと思います。


    4976219155953_1L

    「ブレスオブザワイルド」じゃありませんよ!「ブレスオブファイア」です!


    1997年にカプコンからPS向けに、シリーズ第三弾として発売された本作。
    竜をテーマにした壮大なRPGで、シリーズの中でも一番知名度が高いのが3です。

    当時はTVCMも放送していたみたいですね。

    2005年にはPSP向けに移植されており、人気の「釣り」専用モードも搭載されました。



    良いところ

    ■少年から青年へ...壮大な物語!
    maxresdefault

    竜に変身することができる主人公の少年は、自分が何者なのか、一体この世界は何なのか、そんな大きすぎる謎を解き明かすため、壮大な冒険の旅をしていきます。

    人間はもちろん、トラやカエルなどいろいろな人物との数多くの出会い、そして別れ...
    城下町から森・山・海・砂漠、はたまた空にまで、世界中を巡り、それぞれの物語が展開します。


    最初は幼い少年で、びくびく戦っていた主人公や仲間も、時を経てたくましい青年へと成長していきます。
    「ゼルダの伝説 時のオカリナ」よりも前にこのシステムを採用していた訳ですね!



    ■自分好みの竜に変身できる!
    8tnu010000031pk3

    このゲームの一番の特徴として、旅の途中で手に入れる「ジーン」を組み合わせることによって、好きな種類のドラゴンに変身できるんです!
    攻撃特化だとか炎だとか...組み合わせ次第で全く違う見た目や能力になるので、それを試すのがおもしろい!



    ■ネタ要素満載
    8tnu010000031pk6

    小ネタがそこらじゅうに転がっており、ユーモアにあふれているのも特徴ですね。
    しゃれた言い回しから、かなりふざけたものまで、旅を一層楽しませてくれます。

    街中で人間や動物に攻撃するとお金を落とすんですが、なぜか富豪より牛のほうがお金を持っているっていう笑


    このゲームの売りの一つである「釣り」も楽しい!
    ミニゲームですが、遊びごたえがあって、よくできています。

    戦闘で役に立つ魚やアイテムが手に入るんですが、なんとクジラも釣れちゃうんです(゚∇゚ ;)



    悪いところ

    ■面倒な部分が多い
    sabaku

    最近のゲームに慣れてしまっていると、結構面倒に感じる部分も正直多いです。

    ダンジョンの中でもギミックが多く、敵のエンカウント率も高い。しかも全滅するとセーブ地点からなのでかなり戻されます...

    攻略情報をできるだけ見ないように心がけていましたが、頼らないとやっていられないところもいくつかありましたね。

    それが逆に、このゲームが印象に強く残っている理由かもしれません。



    まとめ

    ■「笑いあり涙あり」の名作!

    RPG戦国時代に発売された今作ですが、その中でも間違いなく上位にくるであろう名作です!(思い出補正もかなりあります笑)

    このシリーズはPS2で5が発売されて以来、長い間新作が出ていませんでした。
    ついに2016、ソーシャルゲームとして6が発売されましたが、かなーり残念な結果になってしまっています...

    まあこのシリーズに求めているのは、家庭用ハードでの王道RPGですよね。

    このご時世でなかなか大変だと思いますが、2DでいいのでぜひともVitaで新作の7を発売してほしい!



    PSP版公式ホームページ





    どうも皆さん、あた坊です。


    今回は、今月のGWセールにてPSストアで100円だった、

    ウルフェンシュタイン: ザ ニューオーダー

    のレビューです。


    wstn


     
     本作の舞台は1960年のヨーロッパ。第2次世界大戦でナチスドイツは謎めいた高度技術を用いて枢軸国側に勝利をもたらし、その勢いのままに世界を征服した。プレイヤーはナチスの“最凶の軍隊”に立ち向かう1人のアメリカ人兵士、B.J.ブラスコヴィッチとして立ち上がることとなる。

    出典:ウルフェンシュタイン: ザ ニューオーダー内容紹介

    2014年にPS4、PS3、Xbox One、Xbox 360、PC向けに発売されたシングルプレイ専用のFPS。
    開発はMachineGamesで、販売はベセスダです。


    発売当初からずっとやりたかったんですが、なかなかプレイする機会がなかったんです。
    そんな今作がびっくりの100円セール...発狂ものでした。

    良いところ

    ■ナチスに屈服し、支配された世界

    2534685-wmplayer+2014-05-18+20-14-17-35

    歴史のifがおもしろい

    ナチスに世界が支配された、現実とは全く景色の違う世界。
    ナチス軍の恐るべき最先端技術によって、すべてが支配されています。

    ニューヨークのマンハッタン島に核が落とされて焼野原と化していたり、
    ビートルズとそっくりな4人組グループがドイツ語で世界ツアーを行っていたり、

    Wolfstein-New-Order-Abbey-Road

    そういう内容の各国の新聞記事がいたるとこに貼ってあったり、レコードが落ちていたりと、その世界ではなにが起きているのかを想像する楽しみがあります。

    ■テンポの良い、スピード感あふれる戦闘
    018

    一つ一つの動作の反応もよく、スピーディな戦闘が楽しめます。
    走るのも早いですし、スライディングが長い!
    スライディングしながら撃ちまくるのは、映画のワンシーンそのものですね。

    ハンドガンはもちろん、アサルトライフルやショットガンでさえも両手持ちができちゃうんです!
    リロードに時間かかりますけどね笑

    ステルスキルも爽快で、投げナイフなんかも楽で気持ちがいいです。


    ■RPG的要素

    自分のプレイによって、レベルアップする能力が変化します。
    ヘッドショットを連発していれば重火器系の能力がアップしていくし、ステルスやナイフ投げでもそれぞれ違う。

    この要素のおかげで、ただ突っ込むのではなく、自分の中でいろいろやってみようという考えが生まれるのでマンネリが全くありません。


    もう一つ、サブクエスト的な要素も存在します。
    NPCに頼まれたりして、それを探したり実行してくると、役立つアイテムをもらえたりするんです。
    ほぼ一本道のレールシューターなのに、これがあるのはおもしろい!

    ストーリーの補助や、作り込まれたマップを隅々まで探索させるのに一役買っています。うまいです。




    ■重厚で熱いストーリー
    maxresdefault
    展開がとにかく熱い!

    強弱のつけ方がすばらしく、ロケーションも変わるのでどんどん引き込まれていきます。
    ロケーションが変わるといっても、CODや007系のように世界飛び回るという感じではなく、自分たちの最終目的に向かって着実に向かっていくのが感じられる作りになっているんです。


    序盤に大きな二択に迫られ、その選択によってストーリーが変化。異なる2つのタイムラインが存在し、チャプター選択でも分かれています。


    やはり一番はナチスを敵役に選んだことだと思います。
    もう憎くて仕方がない。
    完全なる極悪非道の組織としてかなりうまく描かれているので、絶対に倒してやろう!という気持ちになっていくんですね。



    悪いところ

    ■リトライ時のロードが長い
    多少気にはなりました。
    不慮の事故で死んでしまった時になかなかリスタートしないと少しイライラはしますね。
    個人差はあると思います。


    ■バグに何度か遭遇
    あるステージで同行しているキャラが動かなくなり、進行不能になるバグがありました。結局だいぶ前のチェックポイントからやり直すはめに...

    決して多くはないです。フレームレートも非常に安定していますし快適ですが、たまにバグもあるかなと。
    少し残念ですが全然許容範囲です。



    まとめ

    ■シングルプレイに特化した名作FPS!

    間違いなく名作!
    私にはすべてがドンピシャで、一本道FPSのなかでは一番好きな作品になりました。

    FPSが好きで、映画的な演出が好き、歴史もの特にWW2が好きな人(話自体はifですが)は、はまること間違いなし!


    今作の前日章である、「ウルフェンシュタイン ザ オールドブラッド」も翌年の2015年に発売されているので、次はそちらもプレイしてみたいと思います。



    公式ホームページ




    このページのトップヘ