5秒後にジャンプします。
ジャンプしない場合は、下記のURLをクリックしてください。

http://game-sentou.com : 旧・ゲーム銭湯。

    2017年04月

    どうもみなさん、えりち推しのあた坊です。

    今回は、世界中のラブライバーの夢を実現できなかった迷作

    ラブライブ! School idol paradise(スクパラ)

    のレビューです。


    logo

    2014年にKADOKAWAから発売されたPSVita向けのライブクリエイトアクション。

    当時人気が急上昇中だったラブライブの待望のコンシューマゲームで、3Dでキャラが歌って踊るということでかなり期待されていました!

    しかし、度重なる発売延期やPVのクオリティから、発売前から危惧する声も多く...



    良いところ

    ■μ'sのメンバーが3Dに!!

    vljs00061_s02

    μ's(ミューズ)の9人が3Dで躍る!

    楽曲ももちろんμ'sの人気曲ばかり。


    衣装やステージ、演出を自分好みに変更して、大好きなキャラクターたちのダンスを楽しみことができます。

    9人全員での曲もありますし、3人ずつのユニット、ソロ曲もあるので、そこはグッド(
    ただし、曲ごとで固定です)



    ■書き下ろし曲が最高!

    3c9f9e46-s

    スクパラ用に書き下ろしされた楽曲「Shangri-La Shower(シャングリラシャワー)」がすごくいい!

    ノリもよくて、サビの部分のコーラスも気持ちいいですね。

    CDで何度も聞いていました。


    この曲専用の衣装で、新しい曲を歌って踊ってくれるのはうれしかった。



    ■トロフィーが超簡単

    ものすごく簡単にストーリーもクリアできますし、プラチナトロフィーを獲得できます。

    さらに、1つのバージョンでクリアすると、同じ個所はほかのバージョンでもクリア済みになるという親切?設計。

    簡単です。中身が少ないので...



    悪いところ

    ■キャラモデリングのクオリティ

    lovelive_10_cs1w1_720x

    残念でした。


    キャラクターの顔はかわいい。

    ですが、人数が多くなるに比例して体のいたるところ、特に指のポリゴン数がどんどん少なくなっていきます。

    9人より3人、3人よりソロ。

    ソロのグラフィックレベルを維持してほしかった。



    ■リズムアクションがあまりおもしろくない

    1408012451-f351536da1158fd98861d43d7f52f8cb

    残念ながら肝心のリズムアクションのゲーム性自体が面白くありません。

    基本はリズムアイコンが重なる瞬間にボタンを押すシンプル操作ですが、気持ちよさがないんです。なんかずれてるような気がしてしまう。

    スマホのスクフェスの方がずっとよかった。


    曲の中で一定のスコアを稼ぐと特殊なアクションを発動できて、画面を指でなぞってスコアアップができるんですが、毎回同じことをやるのでただのマンネリになってしまっています。



    ■楽曲の少なさ・バージョン商法
    sukupara-18
    ユニットごとに3つのバージョン。

    共通曲が8曲で、バージョンごとにそれぞれ4曲、ソフト一つだと合計で12曲です。

    どうみても少ない!!


    定価6480円+税、プチねんどろいど付きの限定版は一万円以上します。

    限定版を全部買ったら3万円以上!

    プチねんどろいど目的に買って、ゲームはすぐに売る人が続出していました。ゲームとしてほとんど見られておらず、ファンアイテムでしかなかったようです。



    まとめ

    ■もったいなさすぎる

    ファンならこの程度で買うだろ。という魂胆が見え見えの完成度の低いゲームです。角川はこういう考えでゲームを作っているんでしょうかね。

    プチねんどろいど欲しさでゲームがおまけで付いてくる、森羅万象チョコのウエハースのような存在なのか。

    残念です。


    もっとクオリティが高ければ、ファンの間で長く楽しまれ、ゲームをきっかけに新たなファンも獲得できただろうに。

    予算とスケジュールの問題でしょうね。


    ちなみに、このゲームの製作会社である株式会社ディンゴは、このゲームを製作したのちに破産申請をしました。悲しい....


    それでも、ラブライブが大好きなら楽しめないことは決してありません!

    なんだかんだ言って、私は悪いところには目をつむって、楽しみました!


    μ'sic Forever!!



    公式ホームページ










    どうもみなさん、ラブライバー且つバンドリーマーのあた坊です。


    皆さんは、PSハードのトロフィーやXboxハードの実績の獲得にどれくらい挑戦していますでしょうか?

    私はプラチナトロフィーを取りまくってる!というわけでは決してありませんが、取れそうなものを適度に楽しんでいるという感じです。

    今回は私が 実際に獲得した、とっても簡単に楽しく取れるプラチナトロフィーをいくつくかご紹介したいと思います!



    The Order:1886

    7188BC1FEF2CBD47B77122FFE78EF742011117FD

    最高のトロフィーブーストゲーム!

    PS4ソフトの中でもいまだに最高クラスであろうリアルなグラフィックとともに、壮大な19世紀のロンドンを舞台に繰り広げられるファンタジーTPS。

    ストーリー自体かなり短く、めちゃめちゃ濃い。

    しかもオンライン要素は一切なし。


    短時間で映画を見るような密度の濃い体験+簡単にプラチナトロフィーもゲット!

    一番のおススメです。


    (このゲームは後にレビュー記事を上げたいと思います)


    公式ホームページ



    CLANNAD

    09547586CC05630B1253A739EE7ED49FEA6278C8
    いわずも知れた、名作アドベンチャーゲーム。

    私はこの作品を初めてPS3でプレイして、大泣きしながらプラチナトロフィーを獲得しました。


    当時実際にプレイする前は、一昔前の独特なイラストの印象が強すぎて、かなり偏見を持っていました。

    こういうゲームジャンルにも抵抗がかなりあったんですね。(洋ゲーアクションばっかりやっていたので笑)

    それを粉々に砕いて、新しい風を吹き込んでくれた作品です。


    それぞれのストーリーをクリアして、真のトゥルーエンドまでプレイすれば、おのずとトロフィーもすべて獲得できました。


    PSVitaでも発売されましたし、昔の私のように偏見を持っている方にはぜひプレイしてほしい!


    公式ホームページ


    ペルソナ4 ダンシング・オールナイト

    E8E1218E018C5F25FA2AA0242F8F74FCE12D8B0A

    ペルソナ4が好きならまず間違いなくハマる、ファン向けの音ゲーです。

    楽曲の良さはもちろんのこと、3Dモデリングや音ゲーとしても出来も非常によく、最後までとっても楽しめました。

    ペルソナ4本編後の完全オリジナルストーリーもありますし、キャラクター鑑賞などのファンにはたまらない機能も盛りだくさん。

    プラチナトロフィーはとっても簡単に取れますので、音ゲーが苦手でも大丈夫!初心者大歓迎!(バイトの情報サイトみたい)


    公式ホームページ



    ゴートシミュレーター

    80A2FFBE208F77346A5CEC1C31B99A98D83E8005

    一昨年から去年あたりにかなり話題になったヤギゲー。

    PCやスマホでも発売されていますが、私はPS4でプレイしました。


    最高にぶっ飛んでて楽しかった!!

    かなり大雑把な味付け(良い意味で)で、むちゃくちゃなトロフィーばかりでしたが、ゲームを隅々まで楽しむことができました。

    DLCもどんどん追加されたみたいですが、もちろん本編だけでプラチナトロフィーは獲得できますのでご安心を。


    日本の丁寧に作られたゲームがお好きな方も、たまには海外のぶっ飛んだインディーズをプレイしてみると楽しいかもしれませんね。


    公式ホームページ



    最後にトロフィー(実績)について


    別にほしくもないし全然気にしていないという人もいれば、トロフィーや実績の取りやすさで遊ぶゲームを選ぶなんて人もいるようで。

    これらの機能は、ゲーム本編の要素を隅々まで楽しむためのわかりやすい指針になっていたりします。

    account-trophy-performance

    さらに、他社のハードで同じタイトルが出ている場合、トロフィーを集めている場合はPSハードでできるだけ買いたくなるという、囲い込みをすることにもつながったりします。


    逆にトロフィーに縛られすぎて純粋にゲームを楽しめなかったり、攻略サイトを見ながらプレイすることに違和感を覚える、なんてこともありました。

    どうしても作業的になりがちなものも多いので、無駄な時間の浪費に思えて、「自分は何をやってるんだろう」と獲得後の達成感よりも喪失感を感じてしまったら、なんのためにゲームをやっているのかわかりません(苦笑)

    うまく自分で線引きをして、ゲームをする目的は自分にとって何なのかを考えながら、トロフィー(実績)と楽しく付き合っていくのがいいと思いますね。 


     

    こんにちは!シュウです。


    今回はPS3のアーケードコントローラーのご紹介です。
    格ゲープレイヤーにはPS3は未だ現役稼働中の方もいらっしゃると思います。

    なので、シュウ自身の復習も兼ねてご紹介しようと思います



    リアルアーケードPro.V3 SA

    41tG2NSVGzL
     
    PS3の定番アケコンと言ったらコレ!って方も多いと思います。
    スティック、ボタンと誤作動一切ナシ、押し心地最高な一品です。PCでも使えます!

    難点は大きいので場所を取るのと、1万円以上と安くはない所ですね 。
    まあアケコンは1万以上するものでないと、パーツが安っぽく誤作動もあったりするのでオススメできないです!! 

    公式ホームページ


    ファイティングスティックmini3

    fsmini3_05_right_bk_bg

    予算を抑えたい、ただアケコンを触りたい人にオススメできるアケコンです!
    従来の物と比べるとかなり小さく見えます。めっちゃ小さいです!

    ただ小さいだけでスティックとボタンの反応はかなりいいです。
    安いアケコンにありがちな誤作動も全く無いので入門用にピッタリな一品です。
    大きく無いので場所も取らないですし(笑)

    難点を上げるとすれば、スティックとボタンのサイズはオリジナルのものとなっており、
    アケでやる人によっては違和感があるかもしれませんね!

    シュウはライトゲーマーの友人にプレゼントとしてコチラをあげました(笑)

    公式ホームページ


    iBUFFALO アーケードスティック13Ⅱ

    4950190134770d01

    このアケコンは安さとパーツ変更のしやすさが売りになってます!
    それを知らずに自分は普通に使用する為に購入して後悔しました(泣)

    最初から付いているパーツで操作すると必ず誤作動がありました…。
    ボタンの無反応やスティックは1,3,7,9と斜め方向への入力がとても困難です。

    ボタンの取り換えは背面の鉄板を外せばあとはツマミて繋げて終了なのですが、
    スティックは半田付けが必要です。家にはんだごてが無かったので断念しました。
    学校のはんだごて借りパクしようとしましたがやめました。 

    改造前提での購入ならオススメですが、そうで無いのならオススメ出来ないです!!
    ちなみにこちらもPCでの使用も出来ました。

    公式ホームページ


    まとめ

    今回ご紹介した3品はどれもアケコン初購入の方は見た事あるかと思います。
    オススメの順位はRAPV3>mini3>iBUFFALOとなってます。

    鉄拳7の発売日もかなり近くなってきているので、先月フリープレイで配信された鉄拳TAG2で予習しておくといいかもしれないですね!!
     
    それとPS4のアケコンもご紹介したかったのですが、触った数が少ないのでまた次回となります。 


    それでは今日はこの辺で!!

    どうも皆さん、近頃なかなか寝付けないあた坊です。


    私は作品の雰囲気や世界観を重要視してつくられているゲームが好きなんですが、その中でも独特でかなり人を選ぶゲームがあります。

    それが、

    Everybody's Gone to the Rapture –幸福な消失–

    jp9000cusa02267_00gonetotherapture_jacket

    2015年にPS4専用ソフトとしてダウンロード版のみで発売されました。

    価格は2,160円。

    PC版も発売されているようですね。

    開発はThe Chinese Roomというイギリスの小さな会社で、PS4版の販売元はSIE(当時のSCE)です。



    良いところ

    ■究極のシンプルが生み出す没入間!

    fb7fee0176310aaf16d25ec6663582b7

    一人称視点で且つ画面に余計なものが一切表示されず、歩く以外に特殊なアクションはほぼ存在しません。

    最近のゲームはやることが多すぎて難しい、なんて言われたりしますが、このゲームは真逆といってもいい。

    舞台であるイギリスの小さな田舎町の雰囲気、そしてそこでいったい何があったのかという物語性だけを、プレイヤーは直に操作して体感していきます。

    自分で作っていく映画、という感じでしょうか。


    この独特な雰囲気にはまってしまうともう大変。

    朝までぶっ通しでクリアまでプレイしました笑



    ■謎が多いストーリー

    no title

    この町で起きたなにか大きな事件がきっかけで住民が一人もいなくなってしまい、その町をプレイヤーは歩き回って、ここで何があったのかを追体験していくことになります。


    このゲーム、なんと、

    一人も人間が登場しないんです!


    キャラクターは全て過去のもの、光で表現されているので、3Dモデルは一切出てきません。

    しかし、大まかに輪郭を表す光とキャラクターの声だけで、そこに人間がいるように感じるんですよね。声優さんの演技力のおかげかな。


    進んでいくうちに、住民たちの人間関係が見えてきて、きっと頭の中でそれぞれの人物が出来上がっていくことでしょう。

    謎が多いストーリーですが、神秘的で怖くもあり、非常に魅力的なものになっています。



    ■とにかく美しい街並み

    Everybodys-Gone-To-The-Rapture™_20150829215910

    画像を見ればわかるとおり、めちゃくちゃきれい!!

    特に雨に濡れた道路が光に照らされている感じとか、ため息が出るレベルです。


    私はイギリスに住んでいたことがあるんですが、イギリスの街並みの魅力がしっかりと表現されていると感じました。

    とにかくのどかなんですよね。そして、どこを切り取っても絵になる、歴史ある風景。

    イギリスはとっても良いところなので、それをこのゲームをプレイして疑似体験することができますよ!

    きっと、行きたくなるんじゃないでしょうか笑



    悪いところ

    ■歩くのが遅い!遅すぎる!!

    歩くのがものすごく遅い。せっかちな人だと、超絶イライラものだと思います。

    R2を押すと走れるらしいんですが、きっとゲーム史上最低速のダッシュです。絶対走ってないだろ!って突っ込むことでしょう笑

    どっしり腰を据えて、この世界に没入するぞ!くらいの意気込みでプレイしたほうがいいかもしれません。



    ■細かく回収しないとわかりにくいストーリー

    私はとっても楽しめたストーリーですが、人によっては???が浮かんでしまうかも。

    住民同士の細かい会話なんかがいたるところで発生していて、それを回収しないと深い意味で物語を理解することは難しい。

    頭の中で整理しながら、一つ一つ理解していくのが楽しい人には持って来いだと思います。



    まとめ

    ■人を選ぶ!

    これに尽きます。

    好きな人にとっては神ゲー、好きになれない人にはめんどくさいゲーム

    私はもちろん前者。雰囲気ゲー大好き!なんでかなり高評価です。


    癖の強いゲームですが、不思議な体験がしたい人にはおすすめしたいゲームですね。





    公式ホームページ

     
     

    どうもシュウです!

    今回は周辺機器のレビューという事で、やっていこうと思います。
    ご紹介するのはこちら! 

    tac
     
    「タクティカルアサルトコマンダー for PlayStation4」です。 

    PS4でマウスを使用するって何かグレーな部分だと思いますが、
    この商品はソニーのライセンス品なので、真っ白なんですよね(笑) 

    ですが、マウスでFPSをプレイするとパッドプレイの方と差がついてしまうと心配する方も多いと思いますので何とも言えませんね…。 
    先に言っておきますが、あまり評価は高くないですよ…。
    ちなみに僕はパッド派ですよ!!



    良いところ

    ■PS4・PS3でPC版と同じ操作方法でプレイが可能

    IMG_0350_588x

    操作はキーボード、マウスのみなので、PC版と同じ操作でプレイする事が可能となっております。

    どうしてもパッドでプレイしたくない!という方にはオススメですね。



    ■マウスのみ、自分の好きな物に変更可能

    56cab67b835f1-500x500

    マウスの接続は有線でのUSB接続なので、手持ちのマウスに変更可能となってます。

    これは好きなマウスやゲーミングマウスに変更出来るのでいい点ですね!



    ■マウスを使用する事によるメリットを活かせる

    ご存知の方もいると思いますが、
    マウスを使用する事によってパッドよりも繊細なエイムが可能となり対戦では優位に立つ事が出来ます。



    悪いところ

    ■PC版とは程遠いプレイ感覚

    操作方法はPC版と同じ様にする事は可能なのですが、まず作りが違っているので感覚は変わってきてしまいます。

    パッドでの操作をマウスとキーボードに置き換えている物と考えた方がいいですね。



    ■マウスでのプレイを禁止するゲームの増加

    色々なコンバータの販売により、マウスでのプレイをするマウサーが増えています。
    UBIから販売されている「レインボーシックスシージ」では、ユーザーがマウスでのプレイに関する問い合わせを行い、以下の様な返答がありました。


    今後も他のゲームでも公式に禁止とされる物も多くなるので、購入はあまりオススメできないですね。



    まとめ

    ■お手軽マウスプレイが出来る一品

    購入してPS4に接続してすぐに使用できるので、面倒な設定が嫌な方にはオススメできます。
    ですが先ほども言った通り、禁止する作品もあるので、8000円以上払って購入した商品が使えないというのも悲しい話です。

    素直にPS4はパッド。PC版はマウスでのプレイで住み分けるのが一番だと自分は考えています。



    公式ホームページ


    このページのトップヘ