5秒後にジャンプします。
ジャンプしない場合は、下記のURLをクリックしてください。

http://game-sentou.com : 旧・ゲーム銭湯。

    2017年03月


    こんにちは!シュウです( ' - ' )

    今回紹介するゲームはこちら、「侍」!
    samu

    後の「侍道」シリーズの第1作目ですね。
    PSPで今作、続編のリメイクされたり、PS3でも続編が出ています。

    今作に関しては大体6時間程と短くプレイ出来るものとなっておりますので、
    ネタバレしない程度に紹介出来たらと思います。


    ■「侍」の魅力
    このゲームの主人公はプレイヤーの分身。
    プレイヤーの行動に一定の場面を除き制約が無く、肩入れしていた味方すら刀で斬る事が可能だったりします。
    戦闘中、相手に命乞いをしたり仲間に加えてもらうなんて事も出来ちゃったりします…。
    sam18


    もう、なんでもありですね!



    ■あなたは黒生家赤玉党?それとも…。
    あなたは対立する二つの組、「黒生家」「赤玉党」のどちらかに所属する事が出来ます。
    どちらの組にも個性豊かなキャラクターがおり、自分達の掲げる思いなんかがあったりなかったり…。
    bf84237be57b2af46f964202b4aa432f (1)
    ↑黒生家の仕事人「知床総一郎」

    もちろん所属しない事もできますし、上手い事やればどちらにも所属するなんて事も…?


     ■クオリティの高い戦闘アクション、コレクション要素
    この作品の魅力の一つでもあるのがこれですね。
    切り上げで空中に上げてからの三連撃!なんてコンボも出来たりします。
    オリジナルのコンボを作れた時は上達した感じがして楽しかったですね。

    辻斬りしていても楽しいですし、倒した相手から刀を奪えたりします。
    刀のコレクションも出来たりもします。

    雑魚敵からはそれなりのものしか手に入らないので、
    自分は「東横苑仙」という特に意味もなく存在しているだけのキャラを切りまくって、
    「花鳥風月」というかっこいい刀を頂いていました!最初の武器にオススメです!! 
    toyoko_s
     ↑「東横苑仙」
    最初の武器にオススメです!!  




     ■まとめ
    こんな人にオススメです!
    ・独特なゲームをプレイしたい方
    ・マルチエンディングのゲームをプレイしたい方
    ・短時間でクリアできるゲームがしたい方
     

    自分としては、グラフィックやボイスなど若干手抜き感を感じました。
    ですがこのゲームにはそれらを補う「面白さ」があります。

    最終決戦のBGMは必見です。是非プレイして聞いてもらいたいです…!! 
    そしてPS4で続編が出る事を楽しみにしています!!


    それでは今日はこの辺で! 



    どうも皆さん、MONKEY MAJIKが大好きなあた坊です。

     今回ご紹介するのは、以前ハードオフで偶然見つけた…
    PUNCH THE MONKEY! GAME EDITION
    です!

    image
    ↑おっしゃれなパッケージ♪ 見つけた瞬間は衝撃を受けました

    このゲームはなんと、
    ルパンの音ゲー
    なんです!

    そんなものがあるとは知らなかったので、PSのソフトが並ぶ棚を見ていたとき偶然見つけて、最初は何のゲームなのか全くわかりませんでしたね。

    大してルパンに詳しいわけでもないんですが、そのパッケージのおしゃれさにただただ感動して、衝動で買ってしまいました笑


    1998年~2000年にかけて発売された、旧ルパンと新ルパンのおなじみのテーマ曲を当時クラブシーンで人気のDJ達がアレンジして大ヒットしたリミックスアルバム「PUNCH THE MONKEY!」3枚。

    その中の一部の楽曲を使用してリズムアクションゲーム化したのがこのソフトなんですね。


    パッケージもさることながら、ゲーム内でもすぐにその大人でおしゃれな雰囲気を味わうことができます。



    ■アニメのシーンがそのまま流れる!

    リズムゲームの楽曲は各キャラクターごとに分かれており、そのキャラクターごとの重要なシーンのアニメーションが流れます。

    初めはルパンだけですが、クリアしていくと五右衛門や次元など遊べる楽曲が解放されていきます。

    ss4
    ↑アニメの映像を楽しみながらリズムゲームをプレイ

    音楽は好みが分かれそうなものもありますが、独特でセンスが高いものが多いと感じました。

    CDも聞いてみたくなったので、開発側の狙い通りでしょうね笑



    ■ゲームとしての評価は低い

    どこもかしこもカッコいいデザインのゲームですが、肝心のリズムアクションはいたって平凡。

    基本的には左から流れてくるボタン(○×△□)をタイミングよく押していくだけ。

    難易度が上がると二列になって左右からボタンが流れてきたり、画面上に一瞬現れる敵をLRボタンを押して撃つという操作があるくらい。

    各楽曲ごとに難易度は4種類あり、選ぶことができるのですが、ボタンを押したときの反応があまりよくないのかタイミングが難しいので、どの難易度でもあまり楽しくないという大きな問題があります。



    ■ゲームというよりはファンアイテム?

    リズムアクションゲームとして見るとは劣化版パラッパラッパーという印象で、ボリュームもかなり少ないため、当時たくさん流通していたキャラもののゲームとしてとりあえず出してみた感は否めません。


    しかし音楽や全体的なセンスはかなり高く、ルパンをそこまで知らない自分もかなり惹かれたのも事実。

    このゲームからアニメやCDなどのルパンワールドに入っていった人もいたのではないかと思います。そういう意味では価値のある作品ですね。

    もちろんこのゲームの存在を知らなかったルパンファンの方なら、嬉しい作品だと思うので遊んでみてはいかがでしょうか?




     


    それと、MONKEY MAJIKのルパン三世のテーマもぜひ!(自分が好きなだけです笑)


     


    ドラムを覚えたい。
    どうも、シュウです!

    今回は一騎当千でおなじみの無双シリーズ、
    無双OROCHI2 Ultimate」を紹介していきます!
    og



    無双シリーズと言えば、自身が武将を操作して自軍と共に敵軍の総大将の撃破や、
    自軍の目標地点への逃亡 、敵軍の逃亡を阻止する等を目標として広大なフィールドで行うゲームですね。

    実際の戦のように何千人と兵士が存在するのですが標準の難易度だと、とにかく弱いです。
    そのザコ兵士たちをバッサバッサと切り刻んで、俺ツエー!!するのが無双シリーズの特徴でもあります。
    15w
     ↑ステルケンブルク・クラナッハ(「アーランドのアトリエ」コラボキャラクター)


    そしてその無双シリーズの代表的存在である三國無双戦国無双の二つのコラボ作品が、
    無双OROCHIシリーズとなっています。
    さらに今作に至っては他コラボからの参加もすごい事になっているので注目です!!


    ■今作の魅力
    これは登場キャラ数の多さですね。
    そのキャラクター数は総勢145体…!!ものすごく多いです。
    どれも個性的な登場人物ばかりなのでやり込み要素としてもGOOD!

    そしてPS4、XBOX ONEの性能をフルに活かした敵の表示数。
    広大なフィールドに多くの敵が描写されアイドルのごとく囲まれます。


    ■外伝ならではのストーリー展開
    本家の無双では敵対している武将同士でも、今作では一丸となり、
    突如現れた魔王、遠呂智軍(オロチ軍)と戦っていく事になります。 

    三國無双好きの自分はあの呂布と本田忠勝が組んだらもう敵なしだろ!!とか思ったり。
    魏、呉、蜀の共闘でもう最高でしたね。

    それに付け足して他作品のコラボキャラクターまで参戦してます。
    DOAシリーズや、アトリエ、ソウルキャリバーのキャラクター等も登場しているのも熱いですね!

    ■おすすめな点・ダメな点
    ・おすすめ点
      -キャラ数、ステージ数が多く、多彩なモードもあるのでやり込み要素が高い。
      -ストーリーが長いので、長く遊べる。
      -コンパチキャラ(モーション流用) キャラが存在しないので、上記含め高いボリュームがある。

    ・ダメな点 
      -キャラクターの数がかなり多い為、空気になっているキャラクターの存在。
      -可変60fpsなので、敵が少ないとサクサクだが、敵が多いとフレームが落ちて目が疲れました。

    このような感じです。



    そして来たる明日、3月30日…!
    無双コラボレーション作品として発売される、「無双☆スターズ」の発売日となります!!
    bf61f1f5187a859bbd67ff4771357082


    いや〜楽しみです。こちらの作品も是非プレイして紹介しようと思います。

    それでは今日はこの辺で!


    コーエーテクモゲームス
    2014-06-26

     

     

    待たせたな!
    どうもみなさん、あた坊です。

    今回ご紹介するのは、
    プリンスオブペルシャ 忘却の砂
    です!
    (英名はprince of persia the forgotten sands)
    ※PSP版、海外ではDS版も発売されていますが、このレビューはPS3版とXBOX360版が対象です。

    top_logo

    UBIソフトから2010年6月に日本で発売された、プリンスオブペルシャシリーズの最新作。
    同年には「プリンスオブペルシャ/時間の砂」の映画が公開され、それに合わせての発売のようですね。

    初代であるスーパーファミコン版プリンスオブペルシャは日本でも有名で、その後何作も続編が作られている人気シリーズ。同じくUBIソフトから発売されているアサシンクリードシリーズに、壁のぼりなどのアクロバティックなアクションで大きな影響を与えているということですが、2010年のこの作品がシリーズ最後の作品になっていることからも、UBIソフトはこのシリーズに当分力を入れるつもりは無いようです…

    そんな歴史あるシリーズを全くプレイしたことがなかった自分。
    しかしその最新作を実際に遊んでみて、純粋に楽しむことができたと同時に、もう続編は当分出ないんだろうなということを悟ってしまいました。


    ■テンポがいいアクション!

    2

    基本的に剣を使って比較的簡単な操作で大勢の敵を倒すことができ、敵の種類によっては炎・風・氷・土の特殊能力、相手を崩すことができる蹴りなどを使い分けて戦うバトル。

    しかしこのゲームの最大の魅力は、アンチャーテッドのような超人的な壁のぼりやジャンプアクション、そしてそれらを駆使した謎解きです!
    ストーリーの進行は完全に一本道なのでどこに行けばいいか迷うこともほとんどなく、慣れてくると非常に気持ちよくポンポン進むことができ、道中で手に入れていく特殊能力も相まって、
    俺スゲー!!
    感を味わうことができます!
    特に滝を凍らせながら壁を走ったり壁ジャンプを連続で行うシーンは、本当にかっこいい笑
    大がかりな謎解きも、わかったときは気持ちがいいです。

    オートセーブのチェックポイントが細かく設定されているのも非常にGOOD。ストレスをできるだけ感じないように配慮されています。


    ■美麗なグラフィック!

    e9ea1bd87c0e9fef6046f29186d489d0cfb21002-177725

    当時としてはハイレベルなグラフィックで、2017年現在でも、青空や光に反射する水の表現なんかは、「おおすげぇ...」って思ってしまいました。
    炎や砂をまとった巨大な敵やその攻撃も見事で、映画的な演出をより引き立ててくれていますね。


    ■トロフィー(実績)ブースト!

    ストーリーのエンディングまでが短いのもありますが、事前にトロフィーを意識して進んで行けばクリアしたころには大方獲得できていました。さらにどれも作業的なものではなく、楽しみながらどんどん獲得していけるので、トロフィー廚の自分はウハウハでした笑

    ※しかし!このゲーム、オートセーブなのにもかかわらずチャプター選択が存在しないため、一度過ぎてしまったシーンに戻るには最初から始めるしかありません...ご注意ください。



    ■少ないボリューム

    長くてだれてしまう作品が好きではない自分には、早ければ8時間ほどでクリアできてしまうこの短さはマイナスポイントではありませんが、多くの人は不満を感じてしまうかもしれません。いや、自分も定価で購入していたら感じていたでしょう。少なくともゲーム自体は面白いので、もっと遊びたいとは思いましたね。 

    一番感じたのは、グラフィックもアクションもよくできているのに、すこしでも余計なものはそぎ落として、品質は保ちつつもできるだけ予算をかけないようにしている感じがプンプンしたことです。こういうところから、UBIソフトのなかでもこのシリーズはもう見限られれているのかな...なんて勘ぐってしまいました。

    先述のチャプター選択がないのもそう、敵の種類も少なく、平坦でいまいち盛り上がりに欠けるストーリーなのもあってかなりもったいないなと思ってしまいます。飽きさせないような工夫は随所にみられ、少しでも面白いものにしようという思いを感じられるだけにね...



    とてもシンプルで、気軽に冒険とアクロバティックなアクションを楽しめる作品です。シリーズの中でも知名度が低いようですが、隠れた名作だと思いますので気になった方はぜひ!

    これを機に他のプリンスオブペルシャもプレイしてみようと思います!


    公式ホームページ 


     


    こんにちは、シュウでーす!!
    今回はタイトルの通り、僕が思う上達法をずら〜っと書いていきたいと思います。

    AW〜IWまで、野良オンリーでK/D2以上を何とか維持出来ている奴が書く内容なので、
    あくまでも参考までにお願いします。

    (ほぼ雑記です。思った事そのまま書いたので文章がまとまってない部分もありますのでご了承を)

    ルールは一番人口の多いTDMに関しての内容となっています。

    そんなわけで目次はこんな感じ。

     1.
    まずやるべき事。
     2.初心者、低K/Dの人にありがちな事。


    今回は上記の2点について書いていきます。


    まずやるべき事。

    FPSをプレイする上で重要なのは、音です。
    足音、銃声、声。
    これらの音をどの方向から聞こえているのか理解する事で、
    相手の場所を把握したり、相手の接近に対していち早く対応出来ます。

    codghost-131106-07


    なのでイヤホンかヘッドホンを付けてのプレイをオススメします。

    以下にイヤホンとヘッドホンの違いを軽くまとめてみました。

    ・イヤホン
    メリット
    -手軽に入手可能
    -ヘッドホンと違い軽量で、疲れない。

    デメリット
    -音の立体感はどうしてもヘッドホンに劣ってしまう。 


     ・ヘッドホン
    メリット
    -敵の位置をイヤホンよりも正確に把握出来る。

    デメリット(ゲームと関係無し)
    -イヤホンよりも多少値がついてしまう。
    -重量はある程度あるので疲れる。
    -夏は蒸れる。


    こんな感じですかね。 
    個人的にオススメするのはヘッドホンです。
    敵の位置把握が一番重要なので勝ちたがりな人はこちらを優先しましょう。
    日常生活へのデメリットは全てガン無視です。

    そしてイヤホンとヘッドホン共通して言えるのが、安すぎるものは地雷が多いです。
    イヤホンはメーカー製or1000円以上、ヘッドホンは4000円以上を目安にするといいと思います。






     
     
     

    そしてもう一つ、テレビorモニターの遅延があるかどうかですね。
    正直音よりも大事かもしれません!
    0.4秒遅延があればその分0.4秒のチャンスを相手に与えているようなものですからね。

    現在普及している薄型テレビなどでゲームモードが無い物は、
    大体遅延が発生してしまいます。

    そこでオススメするのがモニターです。
    24型までなら1万と少しの値段で買えるお手頃価格に加え、
    遅延はほぼ無く、出来るからです。




    モニターをお金が無いって人は、
    ブラウン管のテレビをオススメします。
    無遅延です。遅延がなく実質最強を誇るのですが、PS4では使えないんですよね…。
    あとは文字が潰れたり、遠くの敵が視認しにくかったりしました。
    お金があるなら上記のモニターをまず使用して欲しいです。


    そして最後に行って欲しい事は、
    コントローラーは必ず純正(SONY)のものを使用してください。
    他社製のものも使用しましたが、とてもじゃ無いですがFPSには適していないからです。
    ワイヤレスコントローラ (DUALSHOCK3) ブラック
    ソニー・コンピュータエンタテインメント
    2007-11-11



    ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4) ジェット・ブラック(CUH-ZCT2J)
    ソニー・インタラクティブエンタテインメント
    2016-09-15


     
    長くなりましたが、まずやるべき事は以上となります。




     初心者、低K/Dの人にありがちな事。

    続きまして、上記の通り初心者さん、低K/Dの方にありがちな事を書いていきます。

    自分が見かけた印象としては以下の通り

    ①何故か強武器、強Parkを使いたがらない。
    ②ミニマップを見ていない or 画面の中心しか見ていない。
    ③突撃こそ正義であり上達への道だと考えている。

    この3点となってます。
    まず①について。
    ものすごく当たり前の事なのですが、弱武器を使用したら上手くなるなんて事は無いです。
    なのでそんな考えは捨てて今すぐ使いましょう。
    ひと昔前だとParkゴーストを使用しているだけで文句を言われたりなんてのもありました。

    ただ、そんな事は気にしないで下さい。
    使用していいから使えるようになってます。チートでもなんでもないです。
    勝利を得る為には強い武器、強いParkを使用してください。 
    強武器を使用する上級者に対して撃ち勝つ為には、強武器を使用する以外に手はないです。
    まずは相手と同じ土俵で戦いましょう。


    続いて②。
    こちらに関しては、初歩中の初歩となってしまいますが重要な事です。
    意識を若干中心に集中させつつ画面の全体を常に見るようにする事です。
    言葉にすると難しいかもしれないですが 、慣れると自然に出来ます。
    ほとんどの方が出来ている事だと思うので慣れるようにしましょう。

    オプションからミニマップ等を画面の中心に近づける事も出来るので、こちらも有りかと思います。


    そして③。
    こちらもスナイパーばかりの人と同じレベルでよく見かけます。
    キルがデスを下回ればただのデス量産機であり、ただのいい養分です。

    このゲーム自体、待ちが強いので自分からわざわざ不利な状況に持っていくのはどうかと思います。
    実力が伴っていればなんともないですが。

    だからと言って同じ場所にずっといるような行為は特に上達はしないですが、
    デスを量産され、キルスト、スコストを出されるよりはよっぽどマシです。

    凸る→敵がくると予想orミニマップで把握→構えて待つ。

    を繰り返しているだけである程度撃ち勝てるようになります。
    構えて待つ時に頭出しポジションから撃てると勝率が上がります。

    頭出しポジションに関しては検索してもらえると出てくるかと思うので探して下さい。
    見つからない場合は相手のキルトップがどんな場所から撃ってきているかを覚えて、
    真似して下さい。

     
    特に①③は是非行って欲しいです。
    上達への道は勝利を知る事だと思います。





    今回の初級編、以上となります。
    かなり長文となってしまい読み辛くすみません(´;ω;`)


    初心者さん、低K/Dで悩んでる方への力になればと思い書かせてもらいました!!
    次回は中級編になりますが、需要があれば書いていきたいです。



    コメント、Twitterのフォローよろしくお願いします。
    では今日はこの辺で!ばいちゃ!! 

    このページのトップヘ