どうも、ゲームプレイヤー研究家のシュウだ。

今回は誰もが小さい頃に出会ったであろう、
ゲームをプレイするあまり感情的になる人達をタイプ別に分けて分析してみようと思う。

側から見たらここまでくだらない記事はないと思うが是非見ていってほしい。


①パワー型:器物破損タイプ

554f126e


こちらはコントローラーや周辺機器を破壊するかなり多いタイプ。
突発的なその姿を見た者は怯え、静まる事間違いなし。

中には人の所有物であろうがお構いなしなタイプまで存在する。
弁償してもらえれば問題はないのであろうが知らん顔してそのまま帰っていく者が存在する事から、
一部からは忌み嫌われている。


■対策
対策としては相手の沸点を見極め、それに応じて接待プレイをする事。
接待プレイがバレた場合、状況が悪化する場合もあるのでそこは注意してプレイする。


②パワー型:煽り・暴言タイプ

ダウンロード (4)


器物破損タイプよりも数は多いと推測されるタイプ。
周りの雰囲気を悪くする事に特化しており、場合によっては友達が少なくなる危険性も秘めている。

近年では国内だけではなく、オンライン上のボイスチャットで多数の目撃情報が出ており、
彼らの脅威は日に増していっている。


■対策
オンライン上であれば相手の声を消す事が出来るが、
隣り合わせでプレイしているとどうしても聞かなければならない。
その為、その暴言は自分に言っているのではなく、見えない他の誰かや、精霊に言っているものだと思い込むのが一番の対策だと思われる。

我々研究チームも彼らへ万全の対応が出来る様、努力はしているが未だ難しい所である。


③頭脳型:戦法・キャラ批判タイプ

ダウンロード (5)


暴言タイプとの組み合わせで存在している者も多いタイプ。
負けた途端のキャラ批判、戦法批判はお手の物。
自分が嫌いだと思ったらそれは世間的に悪いと言われていると言う者も存在しており、
このタイプも存在も後を絶たない。

インターネット上に掲載されているキャラランクや武器ランク上位の批判が主に行われるが、
中にはコントローラーの持ち方、確定反撃を行う事で文句を言ってくる者もいるので恐ろしい。


■対策
事実を突きつけ、相手の脳内に真実を知らしめる事で一時的に治める事が出来る。
だが、相手が暴言タイプであった場合は聞く耳を持たないので注意が必要だ。


まとめ

最後まで読んでくれてありがとう。
世の中には色々な人がいる。だが、楽しいゲームを楽しくないゲームに変えてはならない。
みんなが楽しく輪になってゲームをプレイ出来る様、我々も日々研究を続けていくので、
どうか静かに見守っていてほしい。

それではまた会う日まで!!