どうも皆さん、最近1000から2000のVitaに切り替えたあた坊です。


突然ですが、あなたはPSVitaをお持ちでしょうか?
きっとPSPと比べると、かなり少数だと思います...
psvitahontai
Wikipedia:Playstation Vita

私は大好きなハードで、2013年頃に初めて買ったときは、3DSよりもずっと触り心地のいいタッチ画面、かつすさまじいほどに綺麗に見えた有機ELディスプレイに感動して、友達に見せびらかしたものです笑

しかし、世界でも日本でもPSPに比べるとほとんど普及しておらず、残念ながらSONYの最後の携帯ゲーム機になってしまいそう...


今回は、PSPの成功からうまく世代交代することができなかったPSVitaが、世界でPSPと同等、いやそれ以上に人気ハードとなったパラレルワールドを勝手に妄想してみたいと思います!

※青いカッコ内は妄想です。現実の出来事とは一切関係ありません。


スマホ・ソシャゲが普及しなかった!

iosandroid

スマホはスマホ。ゲームをやるもんじゃあない!
大して面白いゲームもないし、やっぱりゲームはゲーム専用機だよね!

日本にはソーシャルゲームの波はやってきこなかった!
欧米でも物理ボタンのあるVitaが圧倒的に好まれ、スマホがゲーム業界に入る余地はありませんでした。

・・・まあこれは絶対にありえないですね...苦笑
スマホって便利すぎますもん。ここまで普及して、なおかつ性能もどんどん進化していくスマホで、ゲームをやらないわけがない、人気ゲームがでないわけがありません。

逆らえない時代の流れであり、ゲーム会社にソーシャルゲームは新たなビジネスモデル。たくさん新しい会社が立ち上げられ、熾烈な戦場と化しました。



モンハンがVitaで発売!世界でもAAA級タイトルが大ヒット!!

monhan

3DS最初のモンハンである3(トライ)Gが、モンハンにそぐわない3DSのボタン配置や低レベルなグラフィックに失望したファンが猛抗議!ファンによる不買運動が起き、売り上げは散々な結果に。
カプコンと任天堂の関係も悪化。
結局カプコンはSONYとよりを戻し、Vitaでモンハンの最新作MHP4th(モンスターハンターポータブルフォース)を発売し大ヒット!
その後もカプコンはVitaにモンハンを提供し続け、グラフィックのクオリティを求めるファンも大満足!!

世界でもAAA級タイトルのVita版が続々と発売され大ヒット!特にGTAサンアンドレアスの移植は記録的なヒットを飛ばしました! 

・・・散々言われ続けたVitaのモンハン待望論。
PSPが大化けした理由でもあるモンハンの新作がVitaだけで発売されていたら...

モンハンに変わる新たな「狩りゲー」をいくつか発売しましたが、所詮は二番煎じ(ソウルサクリファイスとか討鬼伝も私は大好きです)。プロモーションにかなり力を入れたSCEのフリーダムウォーズも、モンハンほどハードを牽引することはできませんでした。
今考えれば、フリーダムウォーズがVitaの命運を分けましたね...

海外の大作も全くと言っていいほど発売されませんでした。
そもそも海外のコアゲーマーにとってVitaは眼中になかったのか。クオリティの高いゲームを据え置きで遊ぶ、これで満足なようです。
そういう意味ではVitaは欧米では非常に中途半端なハードだったのかもしれません。


L2R2を搭載し、LRスティックがより本格化したVita3000が発売!

LR

PS4のソフトをVitaで!
いつでもどこでも、インターネット環境さえあれば、PS4のゲームをVitaでリモートプレイできるようになりました。

そのリモートプレイを最高の環境で楽しめる新型のVita3000が登場!
 有機ELの低コスト化による復活、 L2R2の搭載、LRスティックもPS4にかなり近づいた操作感のいいものに進化!
Vitaの普及に一層の拍車をかけました!! 

・・・可能性は限りなく0に近いようです...
PS4の世界での大ヒットとは裏腹に、今もパッとしないVita。
SONY・SIEは完全にPS4にシフトしているようで、Vitaはもう終わってしまったかのようです。
わざわざ金と労力をさいて、新型Vitaを発売することはないのか。

SONY最後の携帯ハードとなれば、最後のスパートで出さないこともない??
ずっと待ってます。
 

マクロSDカード対応!

micro

 PSPのSDカードから進化して、時代はマイクロSDカードに!
ずっと小さくずっと容量の大きいマイクロSDカードは、普及して価格も安くなり、とっても便利!さすが最新ハードVita! 

・・・こうはなりませんでした。
PSPのころはSDカード対応だったために画像・音楽・動画などのいろいろなデータをパソコンから簡単にコピーすることができました。
しかし、ゲームの不正コピーや不正ゲームデータが大流行してしまい、その教訓を活かして、Vitaでは独自のメモリースティックを採用。PSPでの問題を解消できたかのように思えました。
 
ですが、ご周知のとおりこの専用メモリースティックが高い!高すぎる!!
私は64GBに1万円弱を費やしました...
純正品しか認めず、セキュリティも高度にしたおかげで値段は高くなり、制限も多くかなり使いにくくなってしまいました。これはPSPとVitaの最大の違いかもしれません。


こうなる運命だったのか...

いろいろ妄想してみました。私がVitaに求めていることをずらずらと上げた形になりましたが、今見てもどれも不可能なことばかり...

Vitaは時代の流れに逆らうことができなかった、不運なハードなのかもしれません。

それでもなんだかんだいってソフトは豊富ですし(かなりジャンルは偏ってますが笑)、PS4との共存も可能!
PSファミリーとして、うまいこと生き残って、すこしでもファンを喜ばせてもらいたいです。


3000をいつまでも待ってますよ!!




PlayStation Vita Wi-Fiモデル メタリック・レッド (PCH-2000ZA26)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-12-01


PlayStation Vita メモリーカード 64GB (PCH-Z641J)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2013-10-10