5秒後にジャンプします。
ジャンプしない場合は、下記のURLをクリックしてください。

http://game-sentou.com 旧・ゲーム銭湯。

    どうも皆さん、宇多田ヒカルが大好きなあた坊です。



    先日、都内某所にありますゲームセンターにて、

    VR GAME STAGE


    という、ゲームセンターでVRゲームを楽しめるゲームマシンを、シュウ氏と一緒に遊んできました!

    image


    タイトーから登場したこのマシン。

    ゲームセンターで流行りのVRが楽しめるということで、今年の3月28日に稼働開始していたらしいんですが、情弱な私たちは全く知らなかった...(;´Д`)



    大型設備がドーン!!

    image

    コーナーに向かうと、すぐに大きいマシンが私たちを迎えてくれました!
    第一印象は、「いくらぐらいするんだろう!?」「元取れるのかな...」

    1人が1つのステージで、4人が同時にプレイ可能。
    それぞれステージに立って、VRヘッドセットの「vive」を被って遊びます。


    まず券売機でプレイするゲームのチケットを購入します。

    image

    現在遊べるのは9つのゲーム。

    有名なIPものは乖離性ミリオンアーサーVRくらいで、あとはオリジナル?みたいです。
    シューティングやスポーツに音ゲーと、バラエティに富んでいていろいろと楽しめそう。

    image

    (ロッカー男子なるかなりやばそうなゲームが!今度一人でやりに来よう...)


    最大4人でVRを楽しめるというのが大きな売りだと思うのですが、現状4人で遊べるのは「神化」というゲーム一つのみでしたね。


    まあ今回はどっちみち2人しかいなかったので、それぞれゲームを一種類ずつ遊んでみました。



    圧倒的没入感!やっぱりVRスゲー!!

    シュウ氏は「電音騎士」という音ゲーをプレイ。
    楽しかったそうです!(雑ッ!)


    私あた坊は「クアンタム・ウォーカー」という、SFシューティングゲームを遊んでみました。(中国の開発会社みたいです)


    最初にムービーが入り、近未来の施設で爆発が起きて謎のモンスターたちによる襲撃を受けます。立ち位置はいまいちわかりませんが、主人公は次々と襲い掛かってくるモンスターを銃やソードで倒していきます。

    qw

    おおおおおおお!!!

    頭を動かしたときの感度が良く、没入感を高めます。
    自動で床のリフトが動いていくので、360°全方向から出てくる敵を狙い撃つのが楽しい!!
    product-vive-family-shot

    viveのコントローラ2本を両手に持ち、右手はマシンガンとランチャー、左手はソードと盾を切り替えながら戦っていきます。

    振り向いた方向の敵に銃を向けて撃ったり、左手の盾でガードしながらすきを窺ったりと、実際に身体を動かすのはやっぱり面白いですね!

    床がゲームに合わせて振動するのもリアリティが増してよかった。
    高いところに上がっていくのは結構怖いもんですね笑



    課題?として思ったこと

    いろんな道具はそろっていて、気軽に楽しめる本格VRとして入り口としては素晴らしいと思いました。

    が、個人的にいくつか思うことが...



    ■ゲーム自体の出来はそこまでよくない

    正直粗も多い。ゲーム自体の完成度はいまいちでした。
    マシンガンの照準がわかりにくかったり、ランチャーの爆発が光りすぎて画面が見えなかったり。

    あと、これはVR特有かもしれませんが、VRの一人称だと自分がダメージを受けてない感じが強いんです。
    あたりまえなんですが痛みを感じないので、やられてるのかやられていないのかがわからない。

    音や振動、演出などのUXの工夫がかなり大事になってくると思いましたね。

    逆に、日本や欧米の会社が投資して本気で作れば、ものすごいものが作れそうだという期待は持てました!(可能性は無限大...)



    ■他にお客さんがいない...

    稼働開始から2ヵ月、店員さん曰くかなりお客さんは減ってしまったようです。

    最初は物珍しさでやりに来ても、値段も600円程するし、わざわざ何度も遊ぶものではないんですね。そこまでの魅力は正直感じませんでした。

    ゲームのラインナップはこれから増えていくようなのでそれに期待ですが、現状かなり厳しそう(運営的な意味でも)



    ■敷居が高い・客層に合っていない

    個室の空間ならまだしも、完全に開けた場所で一人でVR被って腕を振り回すのは敷居が高い...

    逆に複数人できても、VRの特性上、人のプレイを見て楽しむということがほぼできない!
    VRの楽しさは被らないと全く伝わりません。
    人のプレイを見ていても楽しくないのは、ほかのアーケードゲームと全く異なるところですね。


    多人数でワイワイ盛り上がる若い層や、ゲームは普段そこまでやらないけど新しいもの好き、みたいな人たちに受けると思うんですが、なんせゲームセンターの中ですから、わざわざ行きづらいですよ。


    誰も遊んでないなんて本当にもったいない。



    まとめ

    やっぱりVRはすごい!
    普通ではできない体験、VRにしかないものがありますね。

    ネガティブなことをいろいろと書いてしまいましたが、実際に遊ばなければなにもわからないのがVR。


    一時騒がれたほど普及していないVRですが、今年の夏には新宿にVR ZONEなる施設がオープンするみたいですし、ここからどう盛り上がっていくのか楽しみです。



    まだ一つのゲームをプレイしただけなので、これからまたいろいろと遊んでみたいと思います!






    PlayStation VR PlayStation Camera同梱版
    ソニー・インタラクティブエンタテインメント
    2016-10-13


    どうも、鉄拳7発売でテンションがやばいシュウです。
    前の記事にもある通り、鉄拳シリーズは大好きなので鉄拳7はもちろん購入しました。

    logo_tekken7

    発売してまだ1日も経っていませんがこれから購入する人の為になればと書いていこうと思います。

    ※4時間ほどのプレイなので、今回は良い所のみです。

    良いところ

    ■初心者にも優しいストーリーモード

    前作は初心者でも格闘ゲームの基礎を覚えられるモードはありましたが、
    ブレイブルーやペルソナみたいにワンボタンで簡単にコンボを出せる様なシステムはなかったです。

    ですが今回、ワンボタンで複雑なコマンドの技が出せる様になりました。
    なので、純粋にストーリーを楽しみたい!って方にも優しくなりましたね。
    平八なんかワンボタン風神拳だけで敵を倒せますし…!

    ■シリーズファン歓喜の内容が盛り沢山

    自分もストーリーモードを1時間程やっていたのですが、ずっとニヤニヤしてます。
    過去作のムービー、音楽が全て収録されており好きな曲を、
    キャラ選択画面や好きなステージに設定出来るのでとてもプレイしていて懐かしく楽しいです。

    過去の衣装などもカスタマイズで装着出来たりもしました(^-^)/


    ■PS3のアケコンが使用可能

    これはかなり大きいと思います。
    PS3のRAPV3SAを使用しており、体感ですがラグはあまり感じませんでした。
    過去に購入したものが無駄にならないってすごくいいですね(笑)

    ただ物によっては、ボタン設定がめちゃくちゃになるものもありますが、
    それはボタン設定で変更可能なのでご安心を!!

    ■ロード時間が短い

    発売前に不安の声が上がっていたロード時間。
    PROではない普通のPS4でプレイしていましたがロード時間も短く、スムーズに対戦できました。

    インストール中は少し遅いなぁと感じたりもしましたが、インストール完了後は特に気になる事もなく、
    プレイ出来ると思います。

    まとめ

    毎回プレイしていて楽しい鉄拳が遂に発売されました。とても嬉しいです。
    ゲーセンでプレイしていたゲームが家で出来るってお得感が半端じゃないですね(笑)

    今回は良いと感じた部分をお伝えする為に書きました。
    しっかりとしたレビューはしばらくしたら出す予定でいるのでお待ち頂けたらと思います!

    どうか多くの方とこのゲームが出来ます様に…!!!


    鉄拳7
    バンダイナムコエンターテインメント
    2017-06-01









    どうも皆さん、元感情的ゲームプレイヤーのあた坊です。


    ゲームプレイヤー研究家であるシュウ氏の、
    【コラム?】自分が今まで見てきた感情的にゲームをするプレイヤー達
    という記事を見て、昔自分も、この記事でいう①パワー型:器物破損タイプだったことを思い出してしまったんです...

    うう、封印していた記憶が...右腕がうずくッ....!



    FIFA11でコントローラを破壊...

    image

    悪夢のFIFA11...

    当時、サッカーゲームはウイイレをやっていた私ですが、現実で応援しているチームが実名で登録されているという魅力に惹かれてFIFA11を購入。
    ネットでいろいろ調べた結果、海外版がいいということだったので海外版を買いました(単純に安かっただけかも...)。

    ウイイレはかなりの上級者!という、まことにめでたい自負があったので、FIFAもできんだろ!!と意気込んでいたんですね。


    コンピュータを最高難易度にして早速プレイ。

    ....

    ........


    .................


    勝てねぇ!!
    全然パスがつながらねえ、パス遅すぎだろ!!
    全然ボールとれねえ、敵チートだろ!!

    クソゲーじゃねえか!!!!
    (下手過ぎて全然勝てない時ににすぐ言うアレ)


    バリーンカキーンバキバキズサー....

    image

    投げたデュアルショック3は、部屋中を跳ね返った後、破片を撒き散らして無残な姿へと変貌を遂げていました。

    傷だらけのボディーに、ありえない角度に飛び出た右スティック(さすらいうさぎ呼んじゃうレベル...)
    中にも影響を与えていたらしく、うまく動作しなくなってしまいました。


    そして訪れる沈黙。


    襲ってきた虚無感と絶望、そして恐怖。
    ガキンチョだった私は、涙が溢れて止まりませんでした。

    コントローラ君に申し訳ない気持ちで、かわいそうでならなかった...
    コントローラ君の輝かしい未来を奪ってしまった果てしない後悔....


    もうこんなことは二度と繰り返してはいけないと、心に誓いました。



    発散する術を手に入れよう

    1ecf18c9a3862f36e508123c5799c03f_400x400

    今でもFIFAのオンラインなんかをやっていたりすると、理不尽なことがよく起きて、全身の血液が頭に逆流してくることがあるんですね...

    しかし、コントローラを投げたり、ものに当たったりだけはしてはいけない。
    冷めたときとんでもなくつらいですからねw


    そんなストレスを発散させる方法として、

    ・サンドバッグ(的ななにか)にタックル

    ・外に出て体を動かす

    ・シャワーを浴びる

    ・ほかの笑えるなにかを見る


    ダメなときはいくら挑んでもだめったりするんで、切り替えて忘れ去って、翌日にやったら意外とあっさりできちゃったりしますからね。


    大事なアイテムを破壊して、後悔してしまう人が少しでもいなくなることを願います...







    このページのトップヘ